頭のフケやかゆみ対策はコレ! >>

【ムーンライト】おすすめネット小説恋愛35選【その1】女性向け

ムーンライト

まず先にお伝えしますが、

 

私は欲望に正直です。

 

人様には言えない作品をお気に入りにジャンジャン登録しているし、本当はこうして自分のブックマークを晒すのも「ちょっとどうなの…」と抵抗がちょっと、いやかなりちょっと、いやいやいやかなりちょry

 

こちらでご紹介するのは、何度か読み返すし妄想が捗るいい作品ばかりです。
私の性癖ドストライクなものばかりです。

 

一つ、ご忠告。

 

 

 

人のいる場所で読んではいけない。背後に注意!!

 

 

 

現実世界で、人にも堂々と紹介してはいけない。だって恥ずかしいじゃない…。
こっそり読むのがいいんですよ!こういうのは!

 

紹介するサイト

小説家になろうと姉妹サイトの女性向けR18小説サイト

「ムーンライトノベルズ」です。

あっさり系から目から鱗の新ジャンルまで、盛りだくさんの人には言えない性癖の宝庫です。

結構ドエロいのも入ってる。

紹介する順番としては、雰囲気で分けます。基本異世界系です。

復活のワンチャンあるかもしれない、更新停止中も入れときます。紹介順はランダム。

見事に性癖が現れてるよね

ユニちゃん

モギたん

え?本能に忠実だと言ってください

【完】…完結済

 

 

 

 

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

どこから読む?

異世界恋愛ファンタジー(コメディ)

異世界ご奉仕記録 :猫屋敷 爺 【完】

老若男女問わず魅了する美貌の魔剣騎士オスカー・ガーランドはある理由から極度の女嫌いだった。
肉欲すらを否定してきたオスカーだが、身体が成熟し始めた頃から異変を感じだす。膨大な魔力を有する自身に溜め込んだ陽の気を循環させるには女性との交わりが最善だと教えられたが、オスカーはそれを固辞し最低限の処理で誤魔化し続ける道を選ぶ。
だが、そんな誤魔化しにも限界が来たある日王命が下された。
「女嫌いを治せ!」

対して立花凛29歳は2年前、仕事帰りに突然転移してきた。持ち前の楽天さと処世術で魔剣士団の事務方として働き口を得た凛は何故かある日魔剣士団国境警備団団長バルトフェルドに呼び出され、ある依頼をされる。

トラウマを抱えた美形魔剣士とオスカーが苦手な枯れ気味のアラサー女の距離が一部の交流を経て縮まっていく話。

書籍化作品。ツンデレな童貞が、凛の秘密の依頼のおかげで徐々に悶々としていく話。

なんというか、リンがサバサバ女子で良い。美人姉御。胸もあるし、ある意味一般女性の憧れ?
喘ぐ冷たい系美青年っていいよね←

最後はデレデレ。勢いって大切ね。

↓amazonめっちゃ高評価だった。絵が美麗。

最強の魔女とその夫 :瑞原チヒロ【完】

「眠り薬入れていい? そんで悪戯していい?」
「私の眠りが醒めたときに私の手で抹殺されてもいいのなら、構わんぞ」

この国最強の魔女と謳われる女・ルアンナと、平凡なその夫クルスは結婚して三ヶ月になる。
激情家のルアンナを、彼女にべた惚れのクルスは毎日のほほんと受け流し、それなりにうまくやっていた。

日中はルアンナに怒鳴られ魔術の実験台にされ、夜になれば逆に大人しいルアンナを翻弄し……
そんな主夫・クルスにも、実は秘密があって……

ラブラブな夫婦だけど、お互いに隠し持つ過去は暗い。
癇癪もちの美女、ルアンナを口説き落とした夫クルスはどんな性格かというと、掴み所のない性格。

この話の見所は、恋愛事においては初心なところを見えるルアンナが可愛い。

あとRシーンも結構濃い。

番外編がちょくちょく更新されているので、更新を楽しみにしている作品の一つです。

うそつきのポルカ : 赤井茄子 

ポルカ・ミラーは嘘をつき、恋した男を失った。それから数十年後、老衰で死んだポルカが目を覚ますと、なんと消えた男の姿があった―――
◆◇◆
これは、いつも元気なポルカと、彼女を密かに諦めきれなかったツンギレ男の復讐劇………に、見せかけたやり直し夫婦生活のお話。要するにラブコメディ。

めちゃくちゃ愛し合ってるのに過去の諍いが原因で表面上すれ違うラブコメディ。

一つ言わせてください…ジル、ポルカにベタ惚れすぎじゃね?口下手すぎて見た目893なのに、結婚したポルカまじ天使。

初めの設定の、妖精という種族がヒロイン女性じゃなく男に適用されているのがツボ。ムキムキマッチョな筋肉妖精とか最高か。

ヘコたれない肝っ玉母さんの精神を持つポルカ視点で話が始まります。後半は妖精の旦那ジル視点。落差に笑う。

 

前世男の俺が貴族の娘に転生したけど、どうやら嫁ぐ必要はなさそうだ : 夕方寝

巫女になった主人公と彼女を神聖視する周囲、それぞれの視点での短いお話です。
主人公の精神がやや男性寄りなのですが、BLとも違うかと思います。恋は全く始まっていません。
総愛され…総崇拝気味です。
こんな女体化が読みたくて自給自足

恋愛…?

BLとも違うかと思います。恋は全く始まっていません。

 

>>>>恋は全く始まっていません。

まぁいっか!!!!!

 

 

どっちかっていうと主人公は女性としての意識はしっかりあるけど、前世男として生きていたので男性だった時の思考に近いです。

なので、年頃の娘にありがちな要素は皆無。だからこそます清廉さ。そして加速する狂信的な崇拝者の野郎(神官)ども。

見所は、巫女の使用した物全てを使って自慰しまくる美青年神官。変態だ…決して本人には手を出さない真正の変態。

巫女の独白は完全に男性なのですが、第三者からの視点で見ると立派な巫女にしか見えない。そこで巫女の純真さが際立ちますよね。

先が読めない作品。しかしどの方向を向いても美味しい作品である事に変わりがないので良し!!

 

魅惑のマザーミルク : 木陰侘

残念な理由で死んだ天野川 理世は輪廻転生を回避し、ついでにある野望を果たすべく異世界で生神として働くことになった。その内容は4人の男性に彼女の魔力の源を飲ませること(ただし魔力は胸から出る。どう見ても母乳です本当にありがとうございました。) 残念系主人公理世の再就職の顛末について。

なぜその発想に至ったの…?

「お母さあああぁん」なバブみじゃなく、生命維持6:エロ4な設定で匂わすナイスな作品。
常に胸から滲み出る謎のミルクを、生命維持のために男性に毎回飲ませるお話。

シチュエーションがヤバイよね。だって常にそれ出てるんだよ。服濡れない?それ見たら男どもはry

設定が面白い作品です!

最後に更新されたのっていつだったかな…。

 

月に一度のご褒美に。: 冬鬼

私生活に疲れたら、非日常に触れたくなる。そんな気分の時に、公衆電話に貼られたドギツイ色のチラシ。そこに書かれていたのは極上男女という店の電話番号だった。電話をかけてコースを決めて、レッツ初デリヘル!
これは初めてデリヘルを頼んだOLが、ヘビーユーザーになり、そのうちデリヘルした男の方からこんなコースがしたいと頼まれるわけのわからない話である。
※タイトル通り月に1度の更新を目指します。主人公が手当り次第にいろんなコースを頼むのでお相手も一人固定ではありません。

※複数相手につき注意!

さぁLet’初デリヘル!

魔が差して、本当にデリヘルを頼んでしまったOLかのこさん。
清々しいほど本能に忠実な彼女は、自分の性欲を満たすべく月に一度の自分へのご褒美に色んなコースを頼んでいきます。

かのこさん自身の容姿の描写がないので、想像でしかないのですが胸の谷間があるので多分いい女です。羨ましい。
相手の色男たちから逆指名を最終的にもらうようになるので、やっぱりいい女なのでしょう。

一話一話のぶっ飛んだコース名に笑う。
シュチュエーションには全力で乗っかるのが主人公である由縁。すごいわ〜現実世界にもありそうですよね、このコース。

色んなタイプの男たちを味わうために、金を払って楽しむという”お客”としてのプロ意識を持っているのも見所の一つです。
(金を払って、代価としてイケナイことをしたいという真理ですね)

 

禁戒〜何も知らない神の子とぶきっちょな蜂蜜色の竜 : 彩城あやと【完】

その生い立ち、その姿、その神力。超越していた私の兄は神の子だと言われ皆から敬われていた。けれど次に産まれた私は神の特徴を持たず、神力もなかった──表向きは。
私には秘匿にされている神力がひとつだけあった。それは私と唇を重ねた相手は国ひとつ滅ぼしかねないほどの執着心で私を好きになるというもの。だから私は好きな人としかキスをしてはならない。そんな禁戒に縛られて生きていた。蜂蜜色の竜人、レイモンド・ダイスと会うまでは。
レイモンドは私の知らないうちに私の唇を奪ったのだろう。そうでなければおかしい。彼は初対面から私を蔑み嫌っていた。私は私の神力からレイモンドを解放しなければない。例え、腹の中にレイモンドの子供を宿している可能性があったとしても──異世界から異世界トリップ。

ひたすらレイモンドが不憫wでも可愛い。

本当はドロドロに初めから愛したかったんだろうけど、誤解が誤解を招いて未桜がツンツンしてます。

そして本性である竜に戻ると、本能が剥き出しになるのかとても感情を素直に出すようになります。
竜というより犬のように未桜に尻尾降ってますw

ただ人間verとの落差がすごいので未桜が誤解したまま。もちろん未桜も面倒臭い性格してそうなのでお互い様な気もしました。

最後は綺麗に収まりました。

鬼畜でドSな魔術師アークと私の専属契約書 : ゆずこ

異世界ヴィルマルキアの創世の女神によって召喚された私、山崎理子。
この世界は、近い将来、アーセラン魔法王国という国の第二王子が犯すある大きな過ちによって、破滅する運命にあるという。その未来を回避するため、私は選ばれたのだという。
でも待って、召喚の条件が「近在の異世界じゅうで王子ともっとも体の相性がいい女性」って何なのよ、授けられた能力が「王子とらぶらぶハッピーウェディングを迎えて生涯幸せに暮らせる」チートってどういうことなの!?
拒否する間もなく強制トリップ、しかもトリップ先は魔物ウヨウヨの深い森の中、ピンチを救ってくれた美貌の魔術師は鬼畜な上に超がつくドSで、いきなりおいしくいただかれてしまう羽目に…。一体何がどうなってるの、件の王子はどこにいるのよっ!?

書籍化作品。召喚された理子が何だかんだ良い女です。ただしちょっと口が悪いw
「ディスる」とかネット用語を普段よく使うので作者さんがかなりネットユーザーなのでしょうか。

王子のアークが現在の用語を普通に使っていて「?????」と感じる事がちょいちょいあります。
そこは理子から口調が移ったんだなと納得して読んでいます。

話のストーリー的には魔人となり世界を滅ぼす予言を無くすために理子が王子の元へ送られます。

基本喧嘩腰→ケンカップル→デレデレ見たな感じで進行します。

現在クライマックスっぽい感じです。気になる!

↓アークと理子のイラストが想像通りだった!

 

ハーレム勇者のとりまき聖女 : 小宵

ハーレム勇者のハーレムとりまきその4の聖女・セレスティア。
彼女が望むのは自分だけを愛してくれるただ一人の男だった。
ただ一人を求めて勇者から離れるべく頑張る聖女のお話。

セレスティアは心がとても純真な清楚可愛い聖女。エロカワ。

世間知らずのうちにあれよあれよと1人の勇者に持ってかれ、ハーレム要員へ。

でもそれは本人が望んでいた関係ではなかったので、理由をつけて離れます。

2人目の相手の男は割と現れてますが、男の想いは通じるんですかね?

更新途絶えて3年立ってますが、ネット界隈は意外と10年経って復活する作品も間々あるのでこちらへ入れました。

 

ハッタリ王女は狂犬騎士を飼いならしたい : はぐれヒロ子【完】

ハッタリが特技の王女ディオニージアは、うっかり狂犬属性のある少年の主になってしまう。少年の殺気に日々心臓を痛めつつ、少年をまともな騎士に育てようと奮闘する日々。
さらには隣国に嫁入りすることになり、どうにか狂犬に『待て』を覚えさせることに成功するが、隣国も隣国でかなり個性的な面子が揃っていた!
ディオニージアは無事に国母となれるのか、はたまた捨てられ王弟妃として不遇をかこつのか。そんな中、『待て』を解禁された狂犬が訪れてきて!?(エロはまだまだ先だよ!)

最終話がエロです。

あとは普通に読んでも大丈夫!狂犬がきちんと何年も『待て』ができたのは偉い!
そしてステータスがとんでもないw

忠犬属性+狂犬な年下騎士と王女様のお話です。

メランコリックハニー : 赤井茄子【完】

ダークエルフのメランと、ハーフエルフのアルグは仲睦まじい新婚夫婦。丘の上の小さな家で、今日もいちゃいちゃ暮らしている。しかし、妻のメランはいつも物憂げなのだった。
◆◇◆
―――――これは、親の仇としていつでも夫に首を差し出す覚悟で生きる妻メランと、そんなこと気にせず妻を溺愛しまくっている夫アルグのすれ違いラブコメディである。

上で紹介した「うそつきのポルカ」を書いている作者さん。

お互い悲惨な過去があるけど、アルグはそんな事気にしません。毎日毎日メランを溺愛します。

ただ、アルグはxxxxとエルフのハーフでした…。というのが話の肝。

そのハーフたる所以は、2人の子供にも受け継がれます。ただそれがコンプレックスになることも。

実物があったら絶対エグい。

 

きみはぼくのもの : 宇佐田【完】

「僕は君に発情している」 魔術師長からの突然の告白。いきなり襲われて急展開についていけない異世界人。なんでだよ、と内心でツッコミながら、突っ込まれるエロ話です。
獣性が濃いほど、恋の季節には理性が半端なく馬鹿になってしまう異世界。
その世界に落ちてしまった”人間”は、獣人たちからはとてつもなく魅力的に映るのだという。
下手すれば無理強いされることもある…。女の意思に背き、行為に及んだ場合は片腕の断切など思い罪に問われる。
罪を取締る、そんな獣性が薄い理性的な魔術師たちがいた。
主人公も異世界人特有の多い魔力を活かして魔術師に。
ある日、とりわけ理性の強い上司が、突然自分に大して発情してしまった。今まで何もなかったのに!
という感じのお話。
初めは無理矢理ですが、内心(異世界人の香りとかで今馬鹿になってるんだよな、可哀想に)とその豹変ぶりに理解を示すところもあったので、最終的には魔術師長の熱心さに絆されます。
その反面、絆されなかったらメリーバッドエンド状態になるかも。

言葉も欲しい : 竹輪【完】

突然異世界に来てしまった若葉 葵23歳。その体の大きさで伴侶が見つからないと言われていた鳥族の男。二人が無事に結ばれ、幸せになるまでの異文化勘違いラブなお話。

鳥族の泣き声が、『ピー』

ええ、そうです。相手の見た目な美青年の天使ですが泣き声が「ピー」です。時々囀ります。(女の子視点)

 

実は思念で会話するという種族でしたw
言葉が通じないのでボディタッチや顔の表情でやりとりしているのがほのぼのします。
気軽にさらっと読めます。葵は心が強い子!

男視点の「言葉はいらない」という話もあります。

魔法使いは自作ラブドールを溺愛する : 紺原つむぎ

目が覚めたら異世界のラブドールに魂を入れられていました!?
みずみずしい少女のような愛玩人形の制作者は、見るからに怪しい自称魔法使いの青年。長身を猫背に折り曲げ、ぼさぼさの長髪にあやしい笑み。
到底受け入れられない現実のはずが、分厚いレンズの奥に隠された海のような瞳に見つめられると、体温のない人形の身体が、熱く火照ってきて――。

強引Hから始まる、人形と魔法使いの、ファンタジーほのぼのえっちな日常と前世にまつわる夢のお話。

なかなかない設定のラブドールに入るというお話。

魔法使いの青年のドールに対する思いが一途で、本当に1人の女性を魂まで愛していたんだなというのが伝わってきました。

最後に2人とも題名の立場から離れいった時、終わるんだなという寂しさと、登場人物が幸せになってよかったな、と満足感が広がります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

はい!お師匠様!!: 遼

孤児院育ちのミアは国の魔導師カルヴァンに助けられ、自分しか使えないと思っていた魔法で危ない所を救われる。そのあまりに綺麗な魔法にミアは考える前に弟子にして欲しいと叫んでいた。難しい顔してミアにセクハラしまくる師匠と、よく分からないけど付いていきますお師匠様!の精神であっという間に外堀埋められてる魔法好きな弟子の溺愛ものです。

弟子という名の、嫁育成計画。

孤児院育ちのせいで年齢の割りに身体や精神が幼いミア。

生臭坊主(神官)のじじいに襲われている所を後のお師匠様に助けられた所から話が始まります。
正直話がそんなに進んでいませんが、お風呂場でミアに難しい顔しながらムッツリセクハラするのが笑えるw

絶妙な表現で悶々とするお師匠様が面白いです。パッと見お師匠様が犯罪です。

でも文章を読んでいると、世界観的にギリギリセーフっぽい年齢の表現でしたので大丈夫でしょう!

残り物には福がある。: 日向そら【完】

異世界トリップしてはや一年。
あたしは正式に『役立たず』の処理済印を押され、王城から放り出される……はず、だった。

書籍化作品。

おじさま萌え!いや?おじいさま萌え?

王城から放り出されてショック!かと思いきや嫁いでできた旦那様が素敵!
ラッキー!ってのがよくわかります。

渋い紳士な男性っていいよね。そして最後に発揮する主人公のお約束!

ハッピーエンド!

千夜一恋物語(旧PW) : 日向そら

高校を卒業したその日、真はアパートの廊下から異世界に「落ちて」しまう。気がつけば見慣れない場所で、極上の男たちに囲まれていた。窓の外には降るような星空の砂漠の夜。
「『イール・ダール』異世界からの娘は、一族から男を選出して婚姻を結ぶことになっておる」
告げられた言葉に、真はとっさに「十四歳です」と年齢を偽る。だけど、くせ者揃いの七人の婚約者候補たちのゲルに順番に泊まり込むことに……!?

アラビアンな雰囲気の砂漠の地で展開される穏やかな逆ハーレム。

果たして真は誰を伴侶に選ぶのか。

自分の出生の謎も何だか隠されているようで!?

最後に誕生したカップルにとても納得しました。

御主珍様が見える!:エノキユウ【完】

越名 円加(こしな まどか)の、母方の祖母は、由緒正しき吉宝(きちたから)神社の末娘だった。子宝・縁結びの神社として名高いその神社の血筋に、霊験あらたかな何かがあると言った話は表に出たことはないが、時折、人の顔を見ただけで、良縁を見抜くという不思議な力を持つものが生まれた──という話は、ひっそりと先祖代々伝わっていた。しかし、近年ではその力が具現化したという者はいない──筈だった。円加がその力を発現するまでは。
これは、他人の性欲が、御主珍様(ごしゅちんさま)──……頭に生えるチンコというビジュアルで見えてしまう女の、愛と性欲とチンコの物語である。

_人人人人人人人人人人人人_
> そんな能力はいやだ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

書籍化作品。

人の頭の上に男のアレが見えるという謎能力を持った巫女さんの恋愛話。

男も女も関係なく、頭には男のアレが生えています。そう、女にも。
その人物の性欲の情報がダイレクトに頭のアレに現れます。

そしてその能力は、性欲を捥ぐこともできるという何ともすごい優れものです!
そう、素手で…。おおぅ。

しかし、その捥ぐ方の力の代償はとんでもないものでした…。
その代償をきっかけに始まる恋のお話。全部通してコメディ。

↓作品のキーワードにも「タイトルが酷い」と作者さんが書いていますが、サブタイトルもダイレクト。

セカンドトリップと私の7人の夫達について : ひのと

1年前、私は異世界に迷い込んだ。
そこで行ったのは、世界の救済でも燃えるような恋に落ちることでもなく、騎士の卵たちが生活する寮での炊事、洗濯、掃除!
そして結局は元の世界に戻れたのだが―――1年後、またやって来てしまった!?
しかもこちらでは10年が経過してるそうで?
そしてそして、女児の出生率の低下によって、一妻多夫制となったそうで?

1年前は年下だった少年達に求婚されつつ、逃げたり捕まえられたり。
ほのぼの溺愛ムードの、決して逃げられない逆ハーレム。
※無理やり描写多々。複数プレイも有ります。苦手な方はご注意ください。※

最終的に夫が7人とはたまげたなあ…。と読んだ後の感想です。

現実世界でも外国で一夫多妻文化があったりしますが、あれはたくさんの妻を養えるほど金持ちだという証明もあったりします。日本は一夫一妻制なので想像がつかないのかもしれません。

それを考えたら7人夫がいれば将来の心配はないかもしれませんね。

その分身体が休まりませんが。7人分子供生まなきゃ行けないんですよね、多分。
うわぁ大変そうだなぁ。けれどあまりない展開で面白い!

情人独立宣言 : 猫屋【完】

獣人傭兵軍には花の様に美しい旅団長が居る。ただし、黙っていれば。口を開けば下衆な豹獣人旅団長の所へ不運で適応力と秘書的(雑用?)能力が高い女が現れる。女心どころか常識、良識、マナー、優しさ、思いやり何一つ装備していない下種獣人とメンタル強い女の世界を超えた出会い。※男が下衆いです。行動も言葉も下種です。※戦闘表現あります※女が酷い目に遭いますが驚異のメンタルで明るく乗り切ります。

まず、主人公?のひとえが強い。”ひとえ”は狂人メンタルの女性の名前なのですが、なかなか無い名前ですよね。
だかた作品を思い出す時もスムーズに思い出せます。

それはさておき、出てくる美しい猫っぽい旅団長はクソガキがそのまま成長したような性格で、あらすじにもある通りクズとゲスをミックスした感じです。本能のままに行動してる感じ?

自分の感情さえ理解していないので、ガキですね。でも見た目がいい。

ひとえがかっこいいのと、ガキなリュイが最後に思春期に突入していく様は愉快の一言。

ひとえは懐が深いなあ〜。

 

うちの犬はもっと可愛かった : 鳥下ビニール【完】

愛犬のペットロスに苦しむ小役人な女が、突然愛犬志望の大男を飼わされて大変な目にあう話。■サブタイトルの1〜10は、海外の「犬の十戒」という詩を元ネタにしております。作者が翻訳した上で、パロを挟んでいます。

書籍化作品。大柄な男が自分から首輪に繋がれたくて、女に擦り寄る話?

ちなみに戦場で活躍した地位の高い男性なのですが、相手のかけた呪いにより、自分から「犬になりたい」と思うようになりました。

 

解呪するまでその男性の面倒を見るようになった主人公。

その行方はいかに。自分からは人間にしか見えないが周囲には大型犬に見えるようカモフラージュしてあります。

 

ちょっと作者が違いますが、”犬にしか見えない男性を飼う”という設定のものなら全年齢向けで「犬を拾った。……はずだった」という作品があります。これも面白いのでおすすめ。

これはたぶん雄っぱいパラダイスの夢だ : 猫屋敷

杉下澪(21歳)は山で山菜採りの途中、足を滑らせ滑落して意識を失ってしまう。次に目を覚ますとそこは見慣れないテントの中。テントに入ってきた男は金髪のガタイの良い男で澪のことを少女だと勘違いしていた。なんだか話がかみ合わない中、金髪の男が連れてきたのは更にガタイの良い黒髪の男。その男とも話がかみ合わず、さらに貧乳で少女にしか見えないと言われ辱めを受ける。呆然とする澪が気が付くと周りをまたまたガタイのいい、雄っぱいの豊かな男たちに囲まれていた。黒髪の男に男たちの雄っぱいを飲めと言われてびっくりした口に雄っぱいを突っ込まれてそのミルクの美味しさに陥落する。という成人済み女性が豊満な雄っぱいを吸って揉んでバブみにオギャる頭の悪そうな設定の話。
R18はあるかわからないけど雄っぱいを吸って揉むからこっちに投稿。エロい雰囲気はない。見切り発車。

雄っぱい×バブみ

の見事なコンビネーション!!!
ちなみに”バブみ”という単語を知ったのもこの小説が切っ掛けでした。

 

男性から授乳されるとかいう見事なスタイルで即座にクリックしてしまいました。ただ女の子が胸筋の豊かな男性人から母乳を飲むだけのお話です。おっぱいではない、雄っぱいです。

おじさんはショートボブを知らない : 鳥下ビニール【完】

蝶を追いかけていたら異世界に来てしまった遠野明日香(20)は狼獣人のおじさん傭兵ヲセに拾われる。ヲセは異世界人の少女を少年と思い込んだまま、少年(成人女性)を高値で売り払おうと決意した。しかしこの子供、何故かやたらと迫ってくる。妙に顔の綺麗な子供に性癖をぐいぐいと曲げられながら、一攫千金を目指すおじさんと、持ち前の顔面偏差値でおじさんをどうにかしたい少年(成人女性)のいまいち交わらない愛と冒険のお話。

書籍化作品、通称おじボブ。

世界で、生き神として扱われる者と全く同じ存在だった少女。

最初は何とか少女がおっさんをたらし込もうと頑張る話。しかし生き神の存在が徐々にきな臭くなってきて…。

コメディ路線で、真実はドロドロである。明日香が自分の顔の良さを自覚してうまく使ってるのに笑いましたw

金色の、檻の中で : 雨が降ると、蛙が喜ぶ 【短編】

ある夜、お風呂で身体を洗っている最中に、突然異世界に召喚されてしまった竹下里奈、17歳。とりあえず衣食住には困らない生活を保障されたため、言葉がわからないながらも、彼女はそこそこ普通に、異世界での日々を過ごす。そんな里奈が、美少年な国王と、密室に置かれた鳥かごの中に幽閉されている男と共に過ごす、異世界でのぐだぐだなある日の話。

変態である意味容赦ない美少年の王様と、性欲と食欲を同時に感じてしまう難儀な男にぐだぐだと何だかんだ可愛がられるお話です。

でも言葉も分からない、状況も分からない、でも養ってくれる存在にしがみつくしかない、竹下里奈は不幸かもしれない。
でも読む側としてはハッピーエンド。

続編の短編が一つあります。

彼女は天使でない : 野谷亨

「あぁぁぁ!頼む、本当に攻撃式の魔術だけは止めてください、俺、魔力ゼロだから!てか今、水晶も持ってないし防御とか無理、無理!!」
「ま、じゅつ?魔力?あ、あの…すみません…」
魔術の使えない男、テオドール=シャットンと、天涯孤独の身の上の気弱な迷い子、天草梨華のどこにでもある、情けない恋愛事情。

テオドール>>>>>><梨華な関係性です。

ある日嫁として召喚された梨華。

とんでもない男前なのに魔力ゼロのせいで事故物件として扱われるテオドールは、魔力ありで且つ優しい嫁ができて舞い上がってます。

何というか、お互いの感情の落差がすごい。梨華がオドオド系女子なんですが、環境の変化になかなかついて行けなくて右往左往しているのが見て取れます。

更新が途絶えている作品なのですが、テオドールの優しさには悲しいオチがあり…。

責任取れって追いかけたら : ぎんげつ【完】

チャラい吟遊詩人の兄ちゃんにはじめてを奪われたせいで勘当までされちゃった女騎士が、涙目で「責任取れよ!」って兄ちゃんを追いかけてみたら、という話。

戦神に仕える一族の猛々しい女騎士が吟遊詩人を追いかけて、何やかんやあって旦那にする感じです。

エルヴィラが滅法強い!です。闘う女騎士ってかっこいいですよね!

カーリス家のひとびとシリーズで、エルヴィラの兄弟の作品もあります。それもそれで独自に楽しめるのでおすすめです!

身代わり陛下の大変な半年 : 北野 ふゆ【完】

両親と似ても似つかぬ容姿で生まれたせいで、『精霊の取替え子』と恐れられ、わずか2歳で捨てられた私。そんな私を拾い、名前をくれたのは流浪の民・ソヴェリの長だった。
【夢見の才能】を開花させるため、ソヴェリの娘は18になれば処女を捨てなければならない。
養父に連れられ、高級娼館までやってきたはいいが、いきなり現れた身分ありげな美貌の男に拉致されて――。
人違いです。私は陛下じゃありません!

一見俺様な宰相閣下と、処女を捨てる相手が変わっただけと割り切ることにした私の、体から始まる恋。

書籍化作品。

国を守るために他の男に体を捧げなければならなかった女王、そして生まれながらにその地位に縛り付けられた宰相。

ただ高慢な女王なのではなく、意味があった。

ひょんな事から主人公が女王の身代わりをする事に。宰相と共に半年間女王不在を誤魔化すのだが…。
使命の合間に芽生える愛情が切ないです。そして、宰相があまりに純粋で不遇すぎて読んでいて心が痛かった。

でも最後はハッピーエンド。

異世界恋愛ファンタジー(シリアス)

 

Only with Your Heart : 泉野ジュール【完】

綾瀬千鶴はいっけん、普通の新人契約社員。しかし彼女には誰にも言えない秘密があった……高校最後の夏休み、異世界へと召還され、世界を救った過去があるのだ。そして、『烈炎の騎士』と呼ばれたその世界の英雄と、恋に落ちた過去が。中世風の世界が舞台の、すれ違い恋愛ファンタジー。

書籍化作品。ハンカチの準備はできましたか?

さぁ泣きましょう、今すぐ泣きましょう、てか思い出して今泣きそう。

切ない恋愛ファンタジーです。

『狂おしいまでの愛』がテーマだと思ってます。
ヒロインの千鶴が現代に帰ってしまってから、異世界での時間の流れが違いすぎて、そこがあまりに残酷だな、と。

盲目的に千鶴を愛していたルクロフの深い愛に泣く。涙も枯れ果てて、絶望すら遠くなった頃に千鶴は異世界へ帰還します。

そこから心が硬く強張ってしまった恋人、ルクロフに寄り添い続ける千鶴の健気さも必見です。
下手したら自分を捨てて帰った千鶴を憎み切っても良いはずなのに、やはり最終的には憎み忘れることもできなかったルクロフの悲しみが辛いです。

本格的な愛が感じ取れる作品。

 

秘密は暗森の中 : ちか【完】

本編は小説家になろうに掲載されています。その裏話。

以下本編のあらすじ。

仕事帰りいつもどおりに家について、夕飯を食べた後気づいたら深い森の中にたたずむ小屋の中にいた。
懐かしさと共に森で暮らし始めるが・・・魔力に溢れた世界で巻き込まれていく

主人公の奈美は、皇帝の花嫁として異世界へ召喚されていた。

しかし、当の召喚した者たちは奈美が花嫁であると気がつかず…。

癖いの強い皇帝、ラルクとの関係には、前世から因縁があったのでした。的なお話。

設定が全体的に仄暗く、官能的で素敵です。ラルクの少し「あ〜」と間延びした言い回しが気になる方もいると思いますが、シリアスが好きな方は読みたい作品の一つ。

忘却のアイスブルー : みちる。

異世界転移し、ペットになって理想的(?)な御主人様に飼ってもらい、可愛がって貰って生きているわたしだったけど、根本的に価値観が違う世界で絆され・・・立ち位置が微妙なわたしの日常を取り敢えず知ってください!

※こちら複数相手につき注意!

高度に化学が進化し、男女ともに背は高く美貌を持ち、長寿を誇るようになった世界。

そこでは女の性欲が大幅に減退して、人類は人工授精で出生率を保っていた。
そんな中で、性欲を失った女たちに変わり、男の相手をするのが”ペット”と呼ばれる存在。

異世界に落っこちた主人公は、倫理観の失われた世界で野良として捕まります。そこで調教され飼い主となったのは

とんでもない美青年でした。

可愛がってくれるし溺愛してくれるが、決して人としては扱わない。そしてペットだからこそ周囲の扱いも軽い。
かなり悲惨な目に会うこともしばしばですが、感情が抑制されているのかそこまで衝撃を受けないようでした。

今すごく主人公が辛い目にあってますが、続きはどうなるのか…。

そしてこの作品はめちゃくちゃ描写が濃い。すごい。

 

美食家の黒豹は、最期の晩餐の夢を見るか? : モエナイ檎実 【完】

ある日突然、異世界に飛ばされた。人よりもずっと頑健で、動物の野性的な逞しさと強さを持つ獣人ばかりの世界へ。その世界では動物の属性を併せ持たない姿形をした人種は、最も稀少で高価な品物として扱われていた。言葉は全く通じない。特別な力や条件も何も持っていない。そして、周囲の獣人たちは皆、捕食者。最低の異世界トリップに巻き込まれた『私』は黒豹のご主人様に可愛がられている。……美味しいペットとして。そんな『私』の長い長いある一日のお話。

黒豹のご主人様目線で見れば、そこそこ可愛がってるかもしれない。

でも、根本にあるのは食欲である。食欲+性欲。表面上は行為をして可愛がりつつもやはり彼らは捕食者なのだ。

レアな食材として扱われつつ、ゾッとする場面もあるはずなのに物語にどんどん引き込まれていく不思議さ。
ご主人様が結構可愛いです。プライド高くて実力も備えてるぼっちゃんって感じで。

続編も出てますよ!

「お星さまにお願いして願い事がかなうのなら、誰も苦労しないよねって話。」: 眞蜘蛛【完】

悪役令嬢転生もの。
転生してみたら、ハイスペック通り越してオーバースペックの悪役令嬢だった。
ちょっと待てゴルァ!私は三十路オーバーの喪女だぞ!?
三流大卒雑用係の低スペックしか持ち合わせてないのに、どうやったら将来近隣諸国を手玉に取って高笑いできる系のオーバースペックハイパー美女になれるっていうんだ?!
無茶ぶりもいい加減にしろ。
30オーバー喪女が、悪役令嬢転生するけど、ヒロインシカトで自分の幸せを一生懸命模索する話。

あらすじからしてみたらコメディなのに、なぜダークの枠で紹介しているのか?
それは、天使のような美貌を持って生まれてきても、決して人間の愛に恵まれた環境ではないからです。

はっきりいうと、衣食住には恵まれても親や生まれた国には恵まれませんでした。

それでも必死で愛を掴もうと健気に頑張る主人公が可哀想で可哀想で。総合的に主人公たち記憶持ちに対する扱いが酷いです。

唯一の救いは歪んでるけどちゃんと愛情持ってる兄と、結婚相手の殿下かな。

不憫なカップルですが、最後はしっかり幸せになります。主人公が良い性格w

あなたの遺伝子、ください : 志藤 みかづき

異世界人の男の子どもを産むために召喚されたけど、わたしじゃ彼らの求める唯一の条件を満たせないどころか、好きな人を他の女に取られてしまう。なら、せめて、彼がわたしの好きな彼でなくなる前に、思い出を作ってもいいよね?

女が存在しない世界。そこに落とされた女たちは、必ず神から”素質”という物が与えられた。

しかし、トウコにはその素質がいつまでも現れず、そんな彼女を花嫁として求める男も現れなかった。

花嫁として召喚された女たちは、夫となる相手が決まるまで管理者と呼ばれる男の元で過ごす。

トウコは1年経っても、管理者のリュイの元に留まり続けていた。

その理由はリュイを愛していたから。とうとう追い詰められたトウコは、思い切った行動をとる…!!

 

常識を打ち破ったトウコの情熱に、冷めたリュイが翻弄される物語。

なかなか無い世界観で引き込まれます。

終わらない、満月の夜に : 雨が降ると、蛙が喜ぶ【完】

―― 悪い魔物に攫われた美しいお姫様は、選ばれた勇者が助けに来てくれる。じゃあ、悪い魔物に攫われた、平凡な村娘はどうなるの? ――
ある日突然、化け物の『彼』に囚われた、ごく普通の娘である『私』の、ある夜の話。

私の好きな短編。

東洋の気配漂う化物の彼に翻弄される1人の娘。

短編だけど、これ一つで世界が完結してます。定期的に読みしちゃうやつ。

絶望的な状況何だけど、官能的。

夢見るままに眠れ : ぬえもと【完】

実の親に売られそうになっていたところ、逃げだしてきた女の子が、何の因果か森の中で傲慢クソ魔法使いに拾われ、育てられ、いいように調教されてしまう数年間の話。

あらすじそのままの内容。でも、じわじわ魔法使いの希望通りに育成されていく女の子を見てると『紫の上計画』ってこんな感じなんだねと納得します。

狭い作られた箱庭で育てられた少女ですが、まあ無知ってある意味幸せなんじゃないかな。
この場合は知らない方が絶対幸せですね!

考えてみたら先生て性格が魔族そのものですよね。でも、本当に好きになった相手の反抗的な言葉一つすごく気にしてしまう可愛さもありますw

まとめ

 

うわこれは救いが無いわ、無理!というのはこちらには載せていませんのでご安心ください。

比較的ブクマも多い作品をご紹介してみました。

「これ知らなかった〜」という作品はありましたか?

ネット小説家は、無料であの大量の中から宝を発掘できるのが魅力ですよね〜!

モギたん

自分の好きなキーワードで絞るのもありですよ★

 

ではでは。