頭のフケやかゆみ対策はコレ! >>

【祝】 勇者の嫁になりたくて ( ̄∇ ̄*)ゞは保存版に1冊持っておくべき【書籍化】

勇者嫁

こんにちは!

私実は、普段はネット小説を読むのは封印しています。なぜかというと

 

 

現実逃避の沼にハマるから。

 

 

 

過集中というのか「宿題やらなきゃいけないのに、遊んじゃう」パターンにハマりやすいのが

ネット小説を読むという行為でした。

 

モギたん

やばいよ。「小説家になろう」で好みの小説見つけてしかもそれが300話以上とか続編のある大長編だったら1週間は現実に帰ってこないよ

 

と、いうわけで休日に限定して新しい小説を発掘するスコッパーをやってます。

 

で、久しぶりにこちら↓

ネット小説 【女主人公】おすすめネット小説異世界ファンタジー50選【完結済】

でもご紹介した「勇者の嫁になりたくて ( ̄∇ ̄*)ゞ」を読もうとしたら…

 

なんと活動報告に『書籍化』するとのコメントが!!

 

ワイ・:*+.\(( °ω° ))/.:+歓喜

 

即予約しました。保存版に1冊は単行本として持っておきたいレベルで愛してる作品だからです。

( ´∀`)のような顔文字を連発している面白いタイプの小説だったので書籍化がどう表現されるのか想像が付かなかったのですが、そこは出版社の腕の見せ所ですよね!

 

今回は「勇者の嫁になりたくて ( ̄∇ ̄*)ゞ」をなぜ本で取っておきたいと思うのかその魅力をご紹介します!

勇者の嫁になりたくて ( ̄∇ ̄*)ゞの魅力〜厳選して5点〜

その1. RPG風の世界観でありながら主人公がモブ

一斉を風靡したジャンル「主人公がモブ」

 

モブの立場から下克上していくのが醍醐味ですが、主人公のベルリナ・ラコットは【勇者様の追っかけをしているモブ】です。

 

あまり見ないですよね、ダンジョンの中まで追っかけしているモブとか。しかも何年も!

 

RPGの世界の掟「適正レベル」というのがありますが、ベルはなぜかその掟をスルーして無事(?)に勇者様を追い続けています。まさにファンの鏡ですね!

ストーになっていないのは、ベルの追っかけが勇者様公認だからです。ギルドでも有名なので、勇者様がダンジョンに入った後に続こうとして門番の人に(ああ例の…)と思われるくらい有名です。

ちなみに容姿は「標準より可愛らしい」ようです。

 

その2. 勇者様パーティーの危機には「お助けキャラ」になる

ベルにはいろいろアイテムを拾う癖があります。そしてその拾うアイテムがまたおかしい。

普通拾うはずのないレアなアイテムばっかりだからです。え、なんでそんな物持ってんの?

それがベルリナクオリティ。

勇者様のパーティーはダンジョンやフィールド攻略の度にピンチに陥る事が結構あるのですが、そこで役立つのがベルのレアアイテム。

かゆい所に手が届くお助けキャラ『ベル』

決して勇者様には迷惑をかけない!が彼女のモットーなので、普段は遠い距離からそっと覗くくらいなのですが

本当に勇者様がピンチ!の時には即座に姿を表します。

 

そのスタンスが私は結構好きですね〜。そしてベル自身の性格も謙虚で素直なので、愛着が持てます。

 

その3. 実は気になるベルの秘密

レベルが一般人並みに低いのに、危険なフィールドに平然と進み勇者様の追っかけができるのかなぜなのか?

まぁ、そこはお約束なのですが人間には”スキル”というのがありまして…

ベルの場合は特殊スキルが追っかけするのに抜群なものなんですね。そしてレアアイテム拾ってしまうのも、スキルが関係しています。

そして転生してる女性です。異世界ファンタジーあるあるですが、その転生前の人生が結構エンディングに影響してきます。

その4 . 登場するキャラクターたちが魅力的

厨二病を地でいくフィールくんがさりげなくお気に入りです。女難の相が出ているフィールくんはモブなのですが、各章の締めでちょいちょい登場しています。

その度に各地で女性を引っ掛けてハーレムが形成されていきます…そして最後は男も引っ掛け…(可哀想w

勇者様もストイックな性格で最後の瞬間ギリギリまで女性にはさっぱり靡きません。もちろん主人公にも素晴らしくドライです。

きちんと想われている事には気づいていけれど、自分が応えられない立場にある事を自覚しているからスルーしていたり。

優しいですよね。

ちなみに黒髪のイケメンです。

その他にもパーティーメンバーには魅力的なキャラもたくさん存在します。全話を通して思ったのですが、キャラクター一人一人にきちんとストーリーがあるんですよね。

 

「え、このキャラ結局なんだったの?」というのがあまりありません。

徐々にベルと関わりの増えるキャラの動向にも注目が集まります。

 

その5. まさかのどんでん返しのラスト

ベルと勇者様の関係性に決着がつくラスト3章は見所。

ベルと勇者様の意外な繋がり、えまさか振られた!?からのそこに行っちゃう?

 

最後の最後にベルが進化します。色々。勇者様も変化します。色々。

 

面白かったな〜。思い出した頃にまた1から楽しめる感覚の小説です。

 

まとめ

 

ただのファンの感想でしたが、一度も読んだ事のない人は本当に読んでみてください!

面白いから!!

書籍化されるとストーリーも改稿が入るんでしょうか。ネット小説は作者様の完全オリジナルですが、書籍に伴って
出版社側の事情でストーリーの一部を削ったりもありますからね。

 

ネット小説と書籍とふた味楽しめるねヤッタネ! あとキャラクターのイラストも気になる!!

発売は2019年12月28日のようです。もうすぐですね!